NHK「ケータイ大喜利」がまもなくスマートフォンにも対応するっぽい件

クラスチェンジ話の途中ですが、忘れないうちに載せとくべきネタなので。

先日、NHKの「平成23年度 インターネットサービス基本計画(PDF)」てのが発表されたんですが、その中に見逃せない話がさらっと書いてありまして。

「着信御礼!ケータイ大喜利」
毎回20万件の投稿が寄せられている「着信御礼!ケータイ大喜利」では、視聴者からの要望にこたえ、スマートフォンからも投稿できるようにサービスを拡充します。(※PDF 11ページより)

この手の視聴者参加番組のサイトって、基本「ガラケー」からしかアクセスできない、いわゆるケータイ向けサイト、であってスマートフォンからのアクセスは想定されてない作りだと思うのですが(※自分がiPhoneとガラケーを併用してる大きな理由の1つ)、ついにこういう動きが出てきましたか。今後追随する動きがあるかもしれないっすね。

今後、携帯サイトと同じような感覚で、スマートフォン向けに最適化されたサイトも用意される流れになっていくのか、ちょっと気になるところです。

そんな状況が果たしてユーザーにとってベストかどうかは分かりませんが、HTML5やCSS3、あと「モバイルファースト」的な考え方を実践できる場が広がっていくのは、単純に面白いと思いますし、うまくこの流れに乗っかっていけたらいいなーとも思います。

以上、「貴方、なんでNHKのサイトの隅の方にアップされてるPDFを逐一チェックしてんのさ、気持ち悪」というお話でした(本題)。

余談

最近は「ガラケー」じゃなくて「フィーチャーフォン」とも言うらしいすね。最近ちょくちょく見掛けるようになってきたような。

意味するものはだいぶ違うと思うのですが、さすがにメーカーの担当者の方が「ガラケー」とは言いにくいですしねぇ…。

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://necoze.cc/trackback/624

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦