"iTunes Preview"がXHTML1.1だった件

先日から、iPhoneのアプリケーションがiTunesを立ち上げずにWebブラウザからも確認できる"iTunes Preview"が始まってます。

で、また「safariのページのこともあるから、これもHTML5で組んでるんだろうなぁ」と思い、いつもの職業病で、ソースを覗いてみたら………、XHTML1.1でした。………ん?

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd"> 
<html xmlns="http://www.apple.com/itms/" lang="ja">

正直、文書型宣言以外、どこら辺がXHTML1.1なんだかはよく分からなかったのですが、てっきりHTML5かと思ってたんで、ちょっと意外でした。HTML5で組む必要も特には無いんですけど、じゃあなんでXHTML1.0じゃなくて1.1なん?って疑問は残るわけで…。iTunes Store自体、元々XHTML1.1で組んでて、そのままそれを持ってきた、ってことなのかも…。完全に憶測ですけど。

あと、スクリーンショットのスクロールバーの実装とか、CSS・JSも含め、ソースを覗いてみるとなかなか面白いことになってます。CSSがめっちゃ圧縮されてるとか。

Webブラウザ向けのiTunesがスタートするって噂もありますけど、iTunes Storeがどうやって実装されてるのか、その際はぜひぜひチェックしたいところです。余計なお世話かもしれないですけど。

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://necoze.cc/trackback/584

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦