懐かしいTips

まだ仕事をはじめて間もない頃(と言っても2年半くらい前の話だけど)に仕事で使ってたメモ帳が、机の引き出しの中から発掘されました。Photoshopの使い方、とか、スキャナーの使い方、だとか新人時代に先輩から習ったことがびっしりと書き込まれてます。徐々に、仕事が忙しくなって、ミーティングの内容ばかりになってますけど(笑)。

そんな2年ちょっと前のメモ書きに、「コーディングする際に気をつけること」と題して、こんな箇条書きがありました。

  • <td>と<table>を極力少なく!
    ↑入れ子しまくるのではなくて、別個のテーブルに分ける
  • トップページは元デザインに厳格に、それ以外はバランス重視で
  • 余白スペーサーはキリの良い数字で
  • <tr>に属性は付けない
  • 同じ配色・背景→小さく切り出してイメージの横幅指定orセルの背景
  • 左からの余白は含めて切り出す

今となっては余り参考にならないポイントが多いような気がする、なんとも懐かしいポイント集。テーブルレイアウト全盛時ならではのTipsというか。CSSレイアウト時に参考には…ならないような。「トップページは元デザインに厳格に、それ以外はバランス重視で」は今でもアリな気もするけど、サイトの設計段階から文書構造を考えましょう、って最近の考え方からすると、やっぱり「見た目」重視な印象も受けるし。…なんだか、変化の早い世界です。

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://www.necoze.cc/trackback/370

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦