論より証拠

サイトの更新・運営をやっていると、どうしても「サイトを作る側の論理」で物事を考えがち、な気がします。特に自分の実感としては。

更新のしやすさも確かに重要なんですが、それだけになってしまうのは危険です。サイトやサービスを提供する側は、常にユーザーの視点を忘れちゃいけないんだと思います。

サイバーエージェントの藤田社長の日記に昨日、こんなエントリーがありました。

アメブロユーザーのみなさまへ

ここを改善してほしい。
こんな機能・コンテンツがほしい。
他社と比較してここが劣っている。

などなど、ご意見・ご要望をコメント欄に頂けると嬉しいです。

明日の会議の参考にさせて頂きます。

よろしくお願いします!

この日記が公開されると、結構手厳しい意見や無茶な提案もありつつ、アメブロユーザーから早速1日で200以上のコメントが寄せられました。すると翌日。

24時間前にご意見・ご要望を募り、200件を超える
コメントをいただきました。
ありがとうございます!
非常に参考になりました。
やっぱりインターネットはすごい。
頂いたご意見を参考に会議をしてます。

本当にコメントを元に会議をされていたようで、実際に現在取り組んでいること、今後改善していくことをリストアップして公開されてます!ちょっとしたリップサービスだと思い込んでた自分が恥ずかしい。…まさに有言実行です。

社長もまたアメーバブログのユーザーであり、その使い勝手やユーザーの反応を常に気に掛けているようです。ある閉鎖になった人気ブログのその経緯について社長自ら説明されたりしてますし、ご自身が出演されてる動画コンテンツについてダメ出しを求めたり。ユーザー達を信頼して、その声を常に聞こうとする姿勢が素敵だと思います。

サービスにどこまで反映されているかは定かではないんですけど、なんだか「論より証拠」「有言実行」、そんなことを見せつけられた気分です。

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://www.necoze.cc/trackback/367

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦