東横インを叩いても解決しない何か

メルマガ「ウェブアクセシビリティ入門」を発行されてる望月さん(ご自身もまた視覚障害をお持ちです)が、東横インの一連の問題について、こんなコメントをされていて、ちょっとビックリしました。

今話題の東横イン。実は、私は出張の際、よく利用しているホテルです。社長さんの発言は問題の重大さを認識せず、のんきすぎますが、私の利用体験上は従業員さんたちはとても対応が良いですよ(望月優)

障害者用の設備を改造して倉庫や会議室にしたのは悪いことだけれど、「職員の応対は、障害者にとても親切なホテルだった」と、利用した車椅子の方の評判をうかがったことがあります。設備より職員の親切な応対の方が、私はありがたいです。つめたい態度のホテルも罰してください。(白川)(「週刊福祉情報」 第129号より

自分も家族で2度泊まったことがあるんですが、値段の割に施設もサービスもちゃんとしてて、個人的には東横インに好感を持ってました。社長さんの対応を始め、報道されているように拙い点は沢山あるけど、実際に泊まった障害者のコメントが無いのはどうなんだろうと思います。被害を被っているのはマスコミでも行政でもなく、障害を持つ人達なんだし。

ライブドアといい、東横インといい、ブログの反応はこの点結構冷静に感じます。

コメント

なんか、当事者不在で、何もかも決まっていく。苛ただしいです。
まずは利用者の声から、すべて、始まると思うのですが。

| いしだ | 2006/02/08 11:45 PM |

>いしださん

「当事者不在」ですよね。これは、社長さんの発言にしても報道にしても。
だから、ブログのような利用者自ら声が上げられるメディアが、こういう時代に存在している事は大切だと思いますし、ここから吸収できる事は沢山あるように感じてます。

| ネコゼ | 2006/02/09 10:37 PM |

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://www.necoze.cc/trackback/341

東横イン05:本社ビル解体へ、横浜市が是正命令

↑拙作です↑1. 東横イン05:本社ビル解体へ、横浜市が是正命令共同通から:本社ビルでまた不正判明 東横イン、建物解体へ 東横インの不正改造問題で、東京都大田区は10日、同社本社が入居しているビルで、建築完了後に各階の事務室が増築されるなど新たな違反個所

| メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記 | 2006/02/11 9:07 AM |

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦