勝手に、政党別公式サイトレビュー

堀江社長出馬でいよいよ総選挙が気になってきたので、政党の公式サイトを一通りチェックしてました。そのついでに、各サイトを勝手にレビューしてみます。

ちなみに政策ではなくサイトの出来のみを評価してますのであしからず。あと、スクリーショット載せたら、得体の知れない人達から怒られそうなので控えます。

自民党

おっ?!右側に大胆に配置されたメニューが分かりやすくて、意外と好感が持てるレイアウト。総選挙バージョンなのか、ごちゃごちゃしていなくて、中のコンテンツを読む気にもなります。その割にポップアップを多用しているのはかなり残念。マニフェストはPDFファイル。HTMLバージョンは用意されてないみたい。PDF自体は意外と読みやすい。案外、良いかも。(追記:…と思ってたら、これは総選挙用のトップページで、本来のトップページは右側のメニューから入れました。こちらも左右のバナー?が大きめで見易い、けど肝心の中身は普通。というか「自民党は、音声読み上げソフト等に対応できるWebページづくりを目指しています。」って宣言してる割に、いきなりフレーム使ってて、あれ?という感じ。どこを配慮してるんでしょうか?)

民主党

自民党サイトを見た後だと、なんだかごちゃごちゃした印象。でも、ポップアップで表示される「選挙スペシャル」と銘打ったコンテンツはなかなか凝ってます。「小泉マニフェスト採点」は結構面白く読めました。ただ、肝心のマニフェストは1項目ずつポップアップが立ち上がるのでイライラ。(自民党みたいに、「選挙スペシャル」をトップページにするくらいのことはしても良いと思う。Firefoxだとポップアップ弾きますし。)

共産党

ん?!かなり古くさくて固いデザインを想像してたんですが、意外と明るくてすっきりした印象。が、しかし。ナビゲーションが見当たらない。いちいち「案内板」ってページに戻らないと何処へも行けない仕様みたいで、かなり残念な作り。「案内板」自体は上手くコンテンツが整理されてるのに。あー、もったいない。

社民党

こちらは想像通りのデザイン(笑)ヘッダーに「このウェブサイトでは、W3Cが提唱している「Web Content Accessibility Guidelines1.0」を基に音声ブラウザ等に対応したページづくりを目指しています。」との1文があるのは珍しいです。ただコンテンツはいたって淡白。

国民新党

…、「Webビジネスコンサルタントのネタ帳」の指摘と全く同感です。薄い(笑)

小学校の生徒会長選挙かなにかですかこれは?
つっこむ気も失せるくらいなのだが、「とりあえずホームページってやつをつくれ!」の勢いでやるとこうなるというのはビジネスでも政治でも変わらないということの見本なので。(Webビジネスコンサルタントのネタ帳 | 国民新党の公約

そして、なぜ「.biz」?あと、印刷ボタン付けるくらいなら、iframeなんか使うなよ、って思います。間違いなく、クレームがあって後付けしたんだと思われますけど。他にもいろいろ突っ込みたくなります。

公明党

エントリーをアップした時点では、存在をすっかり忘れてた公明党ですが(笑)、唯一CSSレイアウトを採用していて、他党に比べて健闘してます。ポップアップもむやみに使ってないし、フォントサイズの変更やパンくずリストも完備。デザインもなかなかです、意外と。アクセシビリティに配慮していると謳ってる(割にそうでもない)自民・社民に比べると取り組みの進み具合が雲泥の差です。政党サイトの中では、間違いなくナンバ−1。別に公明支持では全然ないですけど。

今のところ…

サイトだけの評価だと、公明党が1番かなぁ、と。他の政党も追随して欲しいくらいの出来です。で、肝心の政策に関しては、まださっぱり理解できてません。投票したい党もいまのところ皆無かなぁ、と。

コメント

…あ、公明党忘れてた(汗)後で追加します!…と。

| ネコゼ | 2005/08/21 3:28 PM |

公明、追加しました。やっぱり潤沢な資金があることを裏付けるような出来ということで(笑)誰か社民のサイトをボランティアでリデザインしてあげてください、って気分です。

| ネコゼ | 2005/08/21 7:28 PM |

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://www.necoze.cc/trackback/250

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦