NHK「ケータイ大喜利」がまもなくスマートフォンにも対応するっぽい件

クラスチェンジ話の途中ですが、忘れないうちに載せとくべきネタなので。

先日、NHKの「平成23年度 インターネットサービス基本計画(PDF)」てのが発表されたんですが、その中に見逃せない話がさらっと書いてありまして。

「着信御礼!ケータイ大喜利」
毎回20万件の投稿が寄せられている「着信御礼!ケータイ大喜利」では、視聴者からの要望にこたえ、スマートフォンからも投稿できるようにサービスを拡充します。(※PDF 11ページより)

この手の視聴者参加番組のサイトって、基本「ガラケー」からしかアクセスできない、いわゆるケータイ向けサイト、であってスマートフォンからのアクセスは想定されてない作りだと思うのですが(※自分がiPhoneとガラケーを併用してる大きな理由の1つ)、ついにこういう動きが出てきましたか。今後追随する動きがあるかもしれないっすね。

今後、携帯サイトと同じような感覚で、スマートフォン向けに最適化されたサイトも用意される流れになっていくのか、ちょっと気になるところです。

そんな状況が果たしてユーザーにとってベストかどうかは分かりませんが、HTML5やCSS3、あと「モバイルファースト」的な考え方を実践できる場が広がっていくのは、単純に面白いと思いますし、うまくこの流れに乗っかっていけたらいいなーとも思います。

以上、「貴方、なんでNHKのサイトの隅の方にアップされてるPDFを逐一チェックしてんのさ、気持ち悪」というお話でした(本題)。

余談

最近は「ガラケー」じゃなくて「フィーチャーフォン」とも言うらしいすね。最近ちょくちょく見掛けるようになってきたような。

意味するものはだいぶ違うと思うのですが、さすがにメーカーの担当者の方が「ガラケー」とは言いにくいですしねぇ…。

10min新バージョン=卓上版でした

先月ブログで紹介した10minの新バージョンですが(10minに新バージョン登場…らしい)先日、ついに正式に発表がありました!

…という訳で卓上タイプが新たにラインナップに追加されます。また、細かいところで改良が加えられてるみたいです。

この前リフィルを大量に買ったばかりなので、まだ手が出せませんけど、………でも、これ欲しいなぁ…。
普段、会社のiMacの横に無理やり立てかけて使ってるので、予め立ててあるタイプがあると良いなーと思っていたところなので。あー、リフィル買うのをもうちょっと待てば良かったか…。

「若い人達」はどうやってラジオを聴いてるんだろか? について

ラジオ番組のネット同時配信が遂に発表されました。

正直言うと、「やっとか…」という思いと「遂に…!」という思いがごっちゃになってます。

というのも、会社の韓国人の同僚さんに聞いた話だと、韓国では随分前からラジオ番組がオンラインで聴けるようになってるらしく(※未確認)日本でも聴けるので仕事中によく聴いてるとのことだったので、日本でもこうなると良いのだけど…と思ってたんですよ。

それと、そもそも最近の若い人ってラジオというメディアそのものを知ってるか疑問だったんです。

自分が中高生くらいの頃だと、ラジカセとかMDコンポでラジオが聴けましたけど、最近はどうなのかなと。携帯でラジオが聴けるって機種はだいぶ限られてますし、PCでは何かしら周辺機器を買わないと行けないですし。ラジオを聴ける環境がそもそも無いんじゃないかと。

もしラジオを聴ける環境がどんどん無くなってきてるのであれば、オンラインで聴けるようにするのは急務じゃないかな、と思ってました。

なので、けんすうさんのこのエントリーにはかなり共感を覚えたし、nanapiとTOKYO FMのコラボ企画も面白いなぁ、と。

ただ、その一方で、いまだに中高生をターゲットにしたラジオ番組が人気を集めている、ってことが不思議でしょうがないんです。それこそTOKYO FMの平日深夜とか。このターゲットとされてる人達はどうやって聴いてるんだろうかと。去年末にこんなニュースが話題になってましたし、妙に気になってます。

実はポッドキャストの配信しか聴いてない?それとも、YouTubeにアップされたものを聴いてる?実はちゃんとラジオを聴いてる?

何かこういうリサーチ結果って無いんでしょうか?うーん。

HTML5の本が遂に出る模様

「そのうち出るんじゃないか」と思って、しばらくの間、amazonの新刊をチェックしてたんですが、……遂に来ました。出ますよ出ますよ、HTML5の本が…!

海の向こうでは、オライリーから既に出版されてたりするみたいですが、和書ではおそらく初……ですよね?

ほぼ同時期に2冊も出ます。内容の違いはまだ良く分かってないのですが、正直HTML5の動向が満足に追いかけきれてない自分にとっては頼みの綱というかなんというか。

あのコーディングコンテストが、HTML5+CSS3にターゲットを絞った形で復活しますし、それに備えて一気に(現時点での)仕様を一通りチェックするのにも良いかもです。

ただ、内容が古くなるのが早そうな気もするので、買ったら速攻で読まなければ…!

「のびのびBOY」の公式サイトがHTML5でcanvasな件

PS3でも何かと波紋を呼んでいたゲーム「のびのびBOY」のiPhone版が、本日いよいよ配信がスタートしてまして、会社の同僚さんとその出来に(いろんな意味で)震撼してました。

恐ろしくカオスなアプリです。なんとも形容しがたいというか、レビューの仕様がないというか…。iTunes Storeの登録カテゴリが「仕事効率化」なのがまた謎な感じで。ていうか、よくこのカテゴリで審査通ったなと。

で、「アプリリリースに合わせて、公式サイトもリニューアルしてる」と聞いて覗いてみたんですが…。

screen-capture

一見、FLASHっぽく見える作りですが、右クリックしてもFlashのメニューは表示されません。リニューアル前も、やたら縦横に長くて、いろんな方向にスクロールしないといけないという珍妙なサイトだったので、ひょっとしてこれは、とソースを覗いてみたら…。

HTML5で組んでる!しかも、canvas使ってるし!うあわああああああ…。

すいません。正直、canvasについては不勉強なので、何ともコメントできないのですが、これがFlashではないと分かった瞬間、鳥肌立ちました。「訳分からない」と口走ってしまいました。

しかも、ソースにiPhone向けの記述があるので、これは!と思い、iPhoneのSafariでアクセスしてみたら…。

snapshot-1266579405.340929

かなり重いですけど、ちゃんと見られます。

IE向けに何かJSを読み込んでる訳でもなく、かなり思い切った実装になってますけど、この辺りはこのゲームだからこそ許されてる?のかも。だいぶ古いネタですけど、「塊魂」の公式サイトも奇抜なデザインでかつホームページビルダーで組んでいるというサイトでしたし。

iPadのFlash非対応から始まった、「HTML5 VS FLASH」みたいな議論については静観してたんですが、こういうものを実際見てしまうと……。いや、まだ何とも考えがまとまらないんですが、ただただ「凄い」としか言えないです。今は。

10minに新バージョン登場…らしい

このブログで何度か紹介してる、付箋を使ったタスク管理ツール「10min」のお話です。はい、いつもお世話になってます。(10minがいまだに手放せない

たまたま、この「10min」を発売してる会社(カンミ堂)のサイトを見ていたら、何やら「10min」の新バージョンがこの春発売されるとの告知が…!

テンミニッツは、2009年の3月の販売開始から間もなく一年が経とうとしています。消費者の方に実際に使ってもらうことでたくさんのご意見、ご感想をいただくことができました。

もちろん、それら頂いた声はそのままにすることはなく、テンミニッツをより良い商品にするための大切な材料として、社内で吟味してきました。

その結果テンミニッツの新しい方向性を発見し、2010年春、発売から一年のテンミニッツに新しい動きがあります!来月のカンミ堂通信で詳細が明らかになりますので、みなさんご期待ください!

Kanmido | 株式会社カンミ堂 トピックス【57】2010年春、テンミニッツに新たな動きがあります。

おおおおおお!サイトに、新商品のシルエットが掲載されてますけど、これは…。10minを立て掛けて使うぽいのは何となく分かりますが、周りにあるものは一体…。10minの母艦的ツールが新たに登場するってことなのかも。

近々、詳細が明らかになるっぽいので、期待してます…!

Google Buzz雑感

突然公開されて、いろんな意味で話題のGoogle Buzzの話です。

いつもの「twitterと比較して云々(中略)まぁ、twitterで良くね?」てレビューが多そうですが、なんとなく思ったことを箇条書きで。

  • Gmailに組み込まれてるので、ついつい見てしまう、かも
  • というか自分の発言にコメントがつくと、GmailのInboxに通知が来るし!
  • 自分の発言がGmailの送信Boxに残ってるし!
  • あと、Gmailでやり取りの多い人は既にfollowしてることになってるし!
  • …という具合に、Gmailにメニューが1つ増えただけ、で終わってないところは上手いなぁ、と
  • あと、Gmail同様、iPhone・Android版の作り込みが凄い(ちょっと重いけど)PC版が簡素に感じるくらい
  • これ見ちゃうと、この手のWebアプリってまだまだ可能性あるんだなぁ、って思う(ハードル高そうだけど)

他にもいろいろあるけど、個人的にはGmailは実名&お仕事用として使ってるので、仕事のやり取りの補助として使うのが今のところ現実的かなぁ、と。

あと、「このBuzzってメニュークリックしたら、twitterのTLが表示されるのがベストなんだけどなー」って思ってしまった。正直なところ。上記の話を全部、twitterに置き換えるとあら不思議。超便利そうに見えません?………見えません?(ちょっと自信ない)

"iTunes Preview"がXHTML1.1だった件

先日から、iPhoneのアプリケーションがiTunesを立ち上げずにWebブラウザからも確認できる"iTunes Preview"が始まってます。

で、また「safariのページのこともあるから、これもHTML5で組んでるんだろうなぁ」と思い、いつもの職業病で、ソースを覗いてみたら………、XHTML1.1でした。………ん?

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd"> 
<html xmlns="http://www.apple.com/itms/" lang="ja">

正直、文書型宣言以外、どこら辺がXHTML1.1なんだかはよく分からなかったのですが、てっきりHTML5かと思ってたんで、ちょっと意外でした。HTML5で組む必要も特には無いんですけど、じゃあなんでXHTML1.0じゃなくて1.1なん?って疑問は残るわけで…。iTunes Store自体、元々XHTML1.1で組んでて、そのままそれを持ってきた、ってことなのかも…。完全に憶測ですけど。

あと、スクリーンショットのスクロールバーの実装とか、CSS・JSも含め、ソースを覗いてみるとなかなか面白いことになってます。CSSがめっちゃ圧縮されてるとか。

Webブラウザ向けのiTunesがスタートするって噂もありますけど、iTunes Storeがどうやって実装されてるのか、その際はぜひぜひチェックしたいところです。余計なお世話かもしれないですけど。

「はてなRSS」サービス終了でちょっと困ってます(現状編)

この前のエントリーでも紹介した「はてなRSS」ですが、このタイミングでサービス終了が告知されました。なんですって…………。

6月末まで半年足らず猶予がありますが、代わりのサービスをそれまでに探さなくてはなりません。

RSSリーダーは、メインでlivedoor Readerを使ってるんで、それに統合すりゃ良いだけの話なんですが、あえてLDRとはてなRSSを使い分けてたのには訳があるので、んー、ちょっとどうしたものかな、これは…。

はてなRSSを使ってた理由

正直、LDRとくらべて、はてなRSSはなかなか使いづらい類いのサービスだったのですが、それでも使い続けていたのにはちょっと訳がありまして。箇条書きで書くと、ざっとこんな具合。

  • 登録RSSの更新状況をカテゴリごとに、メルマガのような形式で毎日メールで通知してくれる
  • カテゴリごとに公開・非公開が設定できるので、エゴサーチとかブログへの被リンクなんかのフィードを非公開で設定して、メールで通知させてた
  • カテゴリごとに新たにRSSを吐いているので、複数のRSSを統合するのにも使えた
  • はてブで定期的にチェックしてるタグ(CSS・HTML・アクセシビリティ等々)40近くのホットエントリーのRSSを登録して、まとめて出力するようにしてた

…ざっとこんな感じです。さて、この条件を満たすサービスは他にあるのか、これから検討しなければ…。

NHK「プロフェッショナル」にWebアクセシビリティの第一人者

早く載せておこうと思ったものの、結局当日ギリギリになってしまいましたが、取り急ぎお知らせ。

本日(1/12)放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』で、IBMのホームページリーダーやaDesignerなどを開発された、Webアクセシビリティの第一人者、浅川智恵子さんが取り上げられるみたいです。今どういった研究を進められているのかも含めて、おそらく取り上げられると思うので、見ておかなければ…。

全盲の日本人女性研究者が、今、世界から熱い注目を集めている。その研究によって、目が見えない障害者や高齢者、世界の“情報弱者”10億人以上の暮らしが一変すると期待されている。浅川知恵子、51歳。研究テーマは、さまざまな情報をIT技術を使って、誰でも簡単胃手に入れられるようにする、いわばITのバリアフリー。失明という困難と向き合い続けながら、世界の第一線で活躍を続ける不屈の研究者の生きざまに迫る。

プロフェッショナルでは、以前も中村勇吾さんが取り上げられことがありましたが、Web制作関係の方が取り上げられるのはそれ以来……のはず。Webアクセシビリティに興味がある方は必見かもです。

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦